確定申告e-Taxなら自宅で申告もやや悩ましい

シェアする

世はまさに、確定申告の季節です。

3月15日までということですから、半分過ぎました。還付申告は、15日以降もいいんんです。

もし、マイナンバーカードがあれば、自宅ですべてが完了できます。

まぁ、難しくはないのですが、ちょっとばかり悩ましい問題があります。

それは・・・。暗証番号やパスワードがいくつかあるのです。それが、いったいどれがどれに対応するのか、毎年わからなくなるのです。

そのうえ、あるパスワードは、5回間違えると、リセットされてしまうのです。

こうなると、市役所や区役所で再設定してもらうしかないのです。

じつは・・。白状します。

私マリオは、ほぼ毎年のように、再設定しているような気がします。

しかも、今日! そうです今日も、出雲市役所に出向いて、確定申告コーナーを横目でみて、市民課でパスワードを再設定してもらったのでした。そのまま、申告コーナーで作っちゃば終わったのにね。でもね。自分でやりたいのです!

それでは、どんな具合かというところをご紹介しましょう。いってみれば、「失敗例」であります。

スポンサーリンク

公的個人認証にはまる

午前中、まぁ、今年もカンタンに画定申告できるだろうと甘く見て国税庁のサイトにアクセスしました。

そのまえに、カードリーダーをパソコンにつないでマイナンバーカードを差し込んでおきます。

ICカードリーダーというのは、ICカードを読み込むUSB機器です。

こちらの、公的個人認証ポータルサイトに、適応機器のリストがあります。

初めて知ったのですが、スマホでもマイナンバーカードが読み込めるのですね。ただし、私マリオがもっているスマホは対応していませんので、確かめることができません。

したがって、こういった機器が必要になります。

Amazonで2000円ちょっとですね。

まずは、初めてe-Taxをご利用される方のページをご一読ください。

必要なソフトのインストールもできます。

私が使っているのは、やはりNTTコミュニケーションズの古い機種です。古くても大丈夫です。

なんだか、可愛らしいでしょ。でも、もう販売されていないでしょう・・。ザンネンです。

それはともかく。

公的個人認証をするわけですが、こんなふうに認証にはパスワードが必要になります。認証

この、署名用パスワード6桁から16桁だそうです。

じつは、この署名用パスワードというのが、市役所などで設定するパスワードなんです。

・・・話は午前中にもどります。

昨年つかったパスワードが通らないのでした。

えええええ?

ついに5回間違えたということになったのです。

仕方ありません。市役所に参りました。

時は、画定申告期間ど真ん中。

こちらをご覧ください。出雲市では、市役所で市役所1階のくにびき大ホールで申告相談など受け付けていたのです。

ところで・・・、くにびき大ホールって?どこだったっけ?

それはともかく・・・

市役所の入り口のワキの、申告コーナーへは向かわずに、まっすぐ市民課に参りまして、パスワードを作り替えたのでした。

そのとき、必要なのが、マイナンバーカードにアクセスするための4桁の暗証番号が必要なんです。

げげげ・・。4桁なら・・これかな・・・。ふぅー、大当たり。

さて、無事、リセットでき、帰宅してから申告書づくりをすることができました。

じつは、もうひとつ、パスワードがあるのです。

それは・・・。

わわわ・・・

こんどは、e-taxの暗証場号しかも、8桁以上!

じつは、これらは、パスワード管理ツールに保存してありました。

これがわからないと、e-Tax作成ページに入ることができませんし、最終的に申告書を送信することもできないのです。

まぁ、面倒くさいでしょう。

ただ、すべてをちゃんとわかりやすく保存しておけば、作成や送信はとてもカンタンにできます。

ぜひ、お試しください。

まずは、繰り返しになりいますが、こちらの特集ページをご覧ください。

いちど使うと、病みつきになること請け合いです・・。

長文、ここまでお読みくださって感謝いたします。もしも、「面白かったよ」と思われた方、こちらの3つのボタンを、ポチ・ポチ・ポチっと
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしてくださいませ。m(__)m