年末恒例そうじ嫌いのOHそうじ

シェアする

もう、ずっと昔、高校生の頃から、大嫌いでした。何がって、年末恒例大そうじ。

すぐに逃げ出して、映画館に入って、これも年末恒例の「男はつらいよ」を観て、大笑いしていたものでした。

それは、いまも、かわらず、できればしたくないのが大そうじ。別に、ホコリで人間死ぬわけでもあるまいなんちゃって。

でもね、いい本を見つけちゃったのです。図書館で。

「あした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理」

スポンサーリンク




あらかん世代の片づけ

この「あした死んでもいい片づけ・・・」って、シリーズ的にあるんですね。

並べると・・・。

あした死んでもいい片づけ

あした死んでもいい30分片づけ―すっきり! 幸せ簡単片づけ術

心が軽くなる すごいお掃除術

すっきり! 幸せ簡単 片づけ術

[ビジュアル普及版]すっきり! 幸せ簡単片づけ術

こんなにあったんですね。もしかして、この著者の「ごんおばちゃま」って、その分野では、有名人それも、超のつく有名人にちがいありません。

ブログもあるんです。

モノがないのに幸せです。必要なモノがほんの少しあればいい。【ごんおばちゃまの暮らし方】

すごいでしょ。アクセス数も、堂々の39,110,760 PV (2018/12/22現在)

ご紹介はさておき、この「あした死んでもいい片づけ」のポイントは、これだけ・・

1日30分

ね。これならできそう・・・で、できるかな。

でも、毎日でもなくていいのでしょう。毎日30分だと、ちょっとできそうもありません。

30分で何ができる?

何ができるかが問題じゃないようです。

ただ、整理整頓はせずに、「抜く」だけ、これを30分やるということのようです。

考えてみれば、整理整頓ってのが、私あらかんマリオがもっとも苦手としていたことなのかもしれません。だから、最初からそうじをすることをやめちゃっていたのでしょう。きっとそうです。いや、そうに違いない。

私の潔癖症的潔癖さから、整理整頓する前に整理整頓に疲れちゃっていたのです。

でもね。この本、ただ抜くだけで、整理整頓しなくていいんだって。

なら、できるかも。

ところで、この「抜く」という作業。これが問題です。

  • ・譲る
  • ・捨てる
  • ・支援物資に
  • ・売る

ということで、言ってみれば、家の外に出してしまうという作業だそうです。

よし。

とにかく、「抜」いてみましょう。

30分。

あ。タイマー買わなきゃ・・・

そこからかな。