嫌だなぁWindows10のアクティビティ履歴収集

シェアする

いつのまにやら、パソコンでどんな作業をしていたか、どんなサイトを渡り歩いていたか、どんな言葉を検索していたか・・そんなことが、保存されているとしたら、あなたは、いかがですか?

どうやら、windows10になって、そんな機能が組み込まれていたらしいのです。

まずは、ここをご覧ください。画面の左下のタスクバーです。

このアイコン、ひっそりとたたずんでいたのでした。

控えめですね。でも、クリックしてみてください。

現在開いているアプリが表示されますね。

便利と言えば、便利です・・・で、少し下を見てみると・・・

ここに、気になることが書かれています。

「アクティビティの履歴『Microsoftに送信することを選択した場合』、タイムラインに最大30日が表示され・・」

え?

履歴が、送信されちゃうの?

しかも、画面に30日分が表示されちゃうって。

いえ、いいんです。別に、やましいことはしていません・・。

でもね。

なんだかなぁ・・

表示されるのは、まぁ、ともかく、送信されちゃうんです。巨大企業に。

どうしましょう。

スポンサーリンク




履歴をクリア

とりあえず、送信するのは、嫌だし、蓄積されるのも嫌です。

わたしは、嫌です。

やましいことはちっともありませんが、やっぱり嫌です。

嫌だー

ということで、プライバシーの設定を見直しましょう。

まずは、設定画面。

例によって、スタートボタンから、「設定」は、歯車のアイコンをクリックします。すると

このなかの、「プライバシー」をクリックしましょう。

そこで、「アクティビティの履歴」をクリックします。

うーん。

どうですか。これが、デフォルトの状態、おそらく初期状態でしょう。

アクティビティと呼ばれる、極めて個人的な、極私的なデータが収集されているんです。

ちょっと、その下の方にある、「Microsoftアカウントのアクティビティデータを管理する」ってところ、クリックしてみましょう。ここです。

そうすると、なんと、驚くべきページに跳べるんです。

こんなに、データが収集されていたのかってことがわかります。

ちょっとだけ、入り口です。

閲覧の履歴に始まって、検索履歴、位置情報、音声、メディア・・とあります。Healthまで。

・・・

ということで、集めてあったアクティビティの履歴をクリアしましょう。ここです。

ついでに、チェックもはずしちゃいました。

全部です。

ただ・・・。これで、ほんとうに収集されていないのか、あるいは、これまでの履歴がほんとうに、消去されたのか、気になります。

これは、もう、Windowsを信じるしかありません。そしてMicrosoft社の良心を。