格安ノートパソコン初体験の驚き

シェアする

「バキッ」

ノートパソコンが壊れちゃいました。本体とディスプレイをつなぐヒンジの部分が、音を立てて、壊れたのです。ただ・・・、ただね、つないでいるケーブルはちぎれていないので、画面はちゃんと映ります。

よかったでしょ。でも、これじゃ、持ち運んで使うことはできません。

とくに、ボランティア活動に使うノートなので、いつかはケーブルも切れることでしょう。

そこで、買うことにしました。中古パソコンも考えましたが、格安のノートパソコンを探しました。

候補は、2機種。

1.HP 255 G6 

2.ASUS E406SA

いかがでしょう。若干、お値段は2の E406SAが安いのです。

いろいろ検討して、2にしました。

さぁ、いかがでしょう。

スポンサーリンク




超格安3万円以下のノート使用感

まずは、発注。

こちらのECCURRENTでポチしました。ちょっと焦って、お昼前午前11時過ぎ。しかも週末土曜日。

ところで、到着は・・・。なんと記録を見たら・・・。翌日の午後3時頃には出雲市の配送センターに到着しているのです。

おおお。今日中に届く。なんと、首都圏から島根県の出雲市まで、翌日に届いちゃうのです。

すごいでしょ。集荷からほぼ27時間後。

さすがです。佐川急便。

dav

外箱のなかに、うすい箱に入っています。

ところで、この時に初めて知ったのですが、このノートパソコン、Vivobookっていうんですね。Vivoってどういう意味なんでしょうね。

さて、開梱。ま、どうでもいいですね。

dav

マニュアルと保証書のほかは、電源ケーブルと本体。

電源を入れれば、もう、使えます。

さて、セキュリティソフトをダウンロードして入れようかな・・・

ここで問題です。

OSはWindows 10 S なんです。

初めてのOSです。10 S のSが曲者のようです。

恐ろしいことが、書かれています。

Microsoft Store 以外からアプリをインストールすることはできません。これは通常の状態で、そのように設計されています。

え?

おすすめソフトだけしかつかえないの?

Microsoft Store にないブラウザー (またはその他のアプリ) をインストールするには、Windows 10 Pro に切り替える必要があります。

こういうことです。

そう。10 S のままだとほぼ使い物にならないだろうと言うことです。

制限をはずして、Windows 10 Proにしなくてはならないのです。

プロへのみち

これが、意外にカンタン。

マイクロソフトのサイトにありました。ていねいに・・・

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4456067/windows-10-switch-out-of-s-mode
  • Windows 10 の S モードを実行している PC で、[設定] 、[更新とセキュリティ] 、[ライセンス認証] の順に開きます。
  • [Windows 10 Home に切り替える] または [Windows 10 Pro に切り替える] セクションで、[Microsoft Store に移動] を選択します ([Windows のエディションをアップグレード] セクションも表示される場合は、そこに表示される [Microsoft Store に移動] リンクをクリックしないように注意してください)。
  • Microsoft Store で “S モードをオフにする” (またはこれに似た名前) のページが表示されたら、[入手]ボタンを選択します。ページに確認メッセージが表示された後、Microsoft Store の外部からアプリをインストールできるようになります。

これだけです。

拍子抜けするほど簡単でした。

これで、セキュリティソフトも無事、インストールでできました。

さぁ、これから、使い勝手をみていきましょうね。

さらには、15時間ももつというバッテリー。これも楽しみです。

忘れていました。HDDのかわりに載っているeMMCも静かで速いと言うことですが、いかがでしょうね。